宮城のニュース

<仙台ハーフマラソン>きょう号砲 Qちゃんがトークショー「気持ち抑えて走って」

新コースのポイントなどを説明する高橋さん

 仙台市で12日に開かれる第29回仙台国際ハーフマラソン大会を前に、シドニー五輪女子マラソン金メダリストで大会スペシャルアンバサダーの高橋尚子さん(47)によるトークショーが11日、青葉区の勾当台公園市民広場であった。
 高橋さんは、今大会から宮城野区の宮城野通を通るハーフコースのポイントを解説。前半の5〜10キロ区間でのオーバーペースは後半に悪影響を与えると強調し、「いけるかもという誘惑に乗らず、気持ちを抑えて走ってほしい」と語り掛けた。
 終盤の宮城野通のアップダウンを乗り切るこつとしては「目線を落としておなかに力を入れれば前傾姿勢になり、自然と脚が出る」とアドバイスした。
 大会当日はゴールとなる宮城野区の市陸上競技場付近で市民ランナーを出迎える。「98%以上の人とハイタッチしたい」と笑顔で誓った。
 ハーフに出場する札幌市の会社員川手麻衣子さん(39)は「仙台で走るのは初めてだが、コース解説のおかげでイメージが湧いた。新緑の仙台を楽しみたい」と話した。


2019年05月12日日曜日


先頭に戻る