宮城のニュース

<ベガルタ>関が下顎骨折

関憲太郎

 J1仙台のGK関憲太郎(33)が下顎を骨折し、10日に手術を受けていたことが分かった。11日の練習後、渡辺監督が明らかにした。
 経過観察中のため、詳しい全治までの期間は不明。8日のYBCルヴァン・カップ(ルヴァン杯)1次リーグB組第5節のFC東京戦で、後半に相手選手と交錯して負傷退場した。
 渡辺監督は「長期離脱になることは間違いない。キーパーが3人の編成なので非常に痛いが、選手には『悔しい思いを背負って戦おう』と伝えた」と話した。
 関は今季、ルヴァン杯の5試合に先発してチームの1次リーグ首位通過に貢献した。


2019年05月12日日曜日


先頭に戻る