宮城のニュース

<仙台六大学野球>福祉大と工大が先勝

福祉大−仙台大 4回表福祉大2死二塁、元山が中前適時打を放ち2−0とする

 第5節第1日は11日、仙台市の東北福祉大球場で福祉大−仙台大、東北工大−宮城教育大の各1回戦があり、福祉大と工大が先勝した。
 福祉大は元山の2安打3打点の活躍で仙台大に6−1で快勝。工大は八回に水間の左前適時打などで逆転し、11−6で宮教大に打ち勝った。
 第5節第2日は12日、同球場で宮教大−工大、仙台大−福祉大の各2回戦が行われる。
投打かみ合い快勝

 福祉大−仙台大1回戦(福祉大1勝)
福祉大000210030=6
仙台大000010000=1
(勝)三浦3試合3勝
(敗)稲毛田4試合2勝1敗

 【評】福祉大は投打がかみ合って快勝。四回無死三塁から永浜、元山の適時打で2点を先取。八回は元山の適時三塁打などで3点を加えて突き放した。投げては三浦、津森の継投で1得点に抑えた。仙台大は打線がつながらなかった。

<元山、2安打3打点に満足げ>
 福祉大の元山が2安打3打点と気を吐いた。「追加点が欲しいところで打てた。初戦を取れたのは大きい」と満足げだった。
 先制点が入った後の四回2死二塁、仙台大稲毛田のスライダーを中前にはじき返して2点目を奪うと、八回には2番手海老原から左中間を破る適時三塁打を放って中軸の役割を果たした。「タイプが違う投手でも自分の間でスイングできた」と笑みを浮かべた。
 冬のウエートトレーニングで打力強化に励んだ成果が出た。「スイングが安定してきた。この調子で連勝したい」と話した。

<仙台大打線、好機生かせず>
 仙台大打線は福祉大の先発三浦の変化球に苦戦し、リズムをつくれなかった。第4節までリーグトップの10打点を挙げている佐藤優も好機を生かせなかった。
 三回2死二塁、先制の好機に低めのチェンジアップに手が出て空振り三振。1点を返して回ってきた五回2死一、三塁の場面も遊ゴロに倒れ、追加点を奪えなかった。「取れるところで取っていれば、こんな結果にならなかった」と唇をかむ。
 迫力ある打線が持ち味の仙台大。「力まず、今まで通り楽に打っていきたい」と次戦へ前を向いた。


2019年05月12日日曜日


先頭に戻る