福島のニュース

運動会中に突風でテント飛ばされる 児童ら12人けが

 11日午後0時40分ごろ、福島県鏡石町一小(児童571人)の校庭で、運動会中に突風でテント3基が飛ばされ、3〜6年の児童男女11人と保護者の30代男性1人が軽傷を負った。
 同校によるとテントは計10基あり、1基につき6本の脚をそれぞれ土のう2個で挟むように押さえていた。毎年同様の方法で設置し、ピン留めなどはしていなかったという。
 児童は昼休み中で、保護者と弁当を食べていた。
 渦を巻くような強い風が吹いたという目撃情報があり、須賀川署が当時の状況を調べている。


関連ページ: 福島 社会

2019年05月12日日曜日


先頭に戻る