宮城のニュース

<母の日>「感謝」花で伝えよう カーネーション無料配布 名取市花卉生産組合

カーネーションを受け取る子どもたち

 母の日の12日、名取市花卉(かき)生産組合は市図書館でカーネーションを来館者に無料配布した。名取は東北一の産地で、市民に特産品の魅力を知ってもらおうと初めて企画した。
 バーバラなど約70種類の切り花300本を用意し、来館者にプレゼントした。先着50人の子どもを対象に、母への感謝のメッセージを書くコーナーや色とりどりのカーネーションで彩った写真撮影スポットも設け、人気を集めていた。
 三浦洋悦組合長は「東日本大震災で名取の産地が被害を受け、花作りはもう終わりだと思ったが、全国からの励ましで立ち直ることができた。感謝の気持ちを伝えたい」と話した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月13日月曜日


先頭に戻る