宮城のニュース

<田んぼアート>今年は羽生結弦 角田・西根地区グループ、田植え参加者募集 稲のリンクで躍動

田んぼアートで描く羽生選手のイメージ図

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇した仙台市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、宮城・東北高出=の勇姿が、角田市西根地区に田んぼアートで再現される。企画したのは地区住民でつくる「西根田んぼアートを楽しむ会」。田植えの参加者約200人を募集している。
 地区内の約50アールの水田を利用。8色の稲とつや姫を植え、演技をする羽生選手を描く。縦約70メートル、横約95メートルに収まる大きさになる見込み。日本スケート連盟から図柄として使用する承諾を得た。
 田植えは6月1日。事前申し込みが必要。連絡先は市地域おこし協力隊080(6410)4838。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月13日月曜日


先頭に戻る