宮城のニュース

<仙台ハーフマラソン>名ランナー笑顔のハイタッチ 高橋さん、谷川さん盛り上げ

ゴール前でハイタッチしながらランナーを激励する高橋さん
完走し、ゴール前でガッツポーズする谷川さん

 「Qちゃん」こと高橋尚子さんは、今年も大会を盛り上げた。仙台市陸上競技場(宮城野区)のゴール前では「よく頑張った、お帰りなさい」と声を掛け、ランナーは最後の力を振り絞った。松島市の契約社員千葉久幸さん(57)は手をつないでゴールイン。「きつかったが、最後に高橋さんとゴールできてうれしい。一生懸命走ったかいがあった」と喜んだ。
 高橋さんは「皆充実した表情を見せていた。五輪を狙うようなトップ選手と同じコースを体験して、世界の風を感じられたのでは」と話した。
 1991年東京国際女子マラソン優勝の谷川真理さんは大会ゲストランナーとして参加。笑顔でハイタッチを繰り返しながら走り、「出場者や市民と触れ合いながら、気持ちよく走れた」と振り返った。


2019年05月13日月曜日


先頭に戻る