岩手のニュース

大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」岩手に初寄港 宮古・沿岸物産PR

ダイヤモンド・プリンセスの歓迎式典

 宮古市の宮古港に4月25日、英国籍の大型豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス」(11万5875トン)が寄港した。10万トンを超えるクルーズ船の入港は岩手県で初めて。
 午前9時前に宮古港に着岸した。歓迎式典で山本正徳宮古市長は「岩手、三陸が誇る景色と食を堪能してほしい」と述べた。
 ダイヤモンド・プリンセスは乗客定員2706人。ほぼ満室で外国人乗船客が8割を占める。オーストラリア人のデビッド・オークスさん(77)は「初めて岩手に来た。きれいな桜を見るのが楽しみ」と話した。
 岸壁には沿岸各自治体の物販コーナーが並び、小学生による和太鼓演奏も披露された。船は同日夕、横浜港に向けて出航した。


関連ページ: 岩手 社会

2019年05月13日月曜日


先頭に戻る