秋田のニュース

秋田の33登山ルート難易度評価 県が冊子発行 体力と技術等級で英語版も

秋田県内の山々への登山に必要な体力度と難易度を示した日本語版(左)と、英語版の表紙

 秋田県は県内の33の登山ルートの難易度を評価した冊子「そこに秋田の山が山ほどあるから」を発行した。山岳観光の振興と山岳事故の防止を目的として登山に必要な体力、技術力を「山のグレーディング」という等級で示している。
 各登山ルートの地形や特徴などに基づき、体力度を10段階、技術的難易度を5段階で表した。
 例えば山頂近くの駐車場から登る八幡平は体力度1、難易度A。コースタイム7時間20分の鳥海山祓川(はらいかわ)ルートは体力度3、難易度Cとなっている。
 それぞれのコースについて登山ガイドが執筆した記事や写真、地図を載せた。英語版も作った。
 山のグレーディングは長野県が始め、今回の秋田県を含めて全国9県で導入が進んだ。東北では山形県に次ぐ取り組みとなる。
 A5判、40ページ。日本語版を3000部、英語版を1500部発行。秋田県自然保護課や県内市町村で無料配布している。県のウェブページからダウンロードできる。連絡先は県自然保護課018(860)1612。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年05月13日月曜日


先頭に戻る