宮城のニュース

<仙台市民会館>LED照明、スピーカーも新しく 改修終え15日再開

 老朽化に伴う設備改修工事のため、昨年8月4日から全面休館している仙台市民会館(青葉区)は15日、約9カ月ぶりに再開する。
 大ホールに車いす観覧席を5台分新設し、館内のトイレは全て洋式化した。照明を発光ダイオード(LED)電球に交換し、スピーカーを新しく取り換えた。
 市青葉区まちづくり推進課の伊藤文彦課長は「誰にとっても使い勝手の良い施設になった」とPRする。


関連ページ: 宮城 政治・行政

2019年05月14日火曜日


先頭に戻る