宮城のニュース

郡和子仙台市長 定例記者会見 5/14

定例記者会見に臨む郡和子市長

 14日の郡和子仙台市長の記者会見での主なやりとりは以下の通り。

 Q 今月10日の市の調査で、市中心部の客引き行為が4月に比べて増加した。
 A 一朝一夕に(客引きが)なくなることは難しいと思っていた。今後も根気強く取り組まなければならない。(客引き行為禁止)条例の完全施行で一定の効果があったことは事実。禁止命令や勧告の件数も積み上がってきている。客引きを行う店に(条例を)徹底的に知らしめるように努力しなければならない。

 Q 大津市の交差点で車2台が衝突し、保育園児が死亡する事故があったが、仙台市は何か対応したか。
 A 痛ましい事故。保育行政を預かる立場としても個人としても、亡くなった園児の冥福を祈りたい。本市は事故後、市内の保育施設や学校に対し、安全管理の再確認を要請する通知を出した。(危険箇所の指摘や安全対策の)要望が出てくれば速やかに対応する。

 Q 内閣府が3月の景気動向指数を発表し、経済情勢の基調判断を「悪化」に引き下げた。
 A 市内の経営者からも「順調」という声はあまり聞かない。ただ、経済は生き物。一喜一憂すべきではないと思う。しっかりと経済対策をしていく。

 Q 25日に開幕する第7回仙台国際音楽コンクールへの期待感は。
 A 16の国と地域から75人の音楽家が仙台に集まる。市長就任後、初めてのコンクールなので大変楽しみだ。シティーセールスとしても大きな効果があり、おもてなしに取り組みたい。


2019年05月14日火曜日


先頭に戻る