宮城のニュース

<登米ウイーク>行ってみよう道の駅・直売所/イチゴの直売が大人気 道の駅「米山」(米山町)

地元産のイチゴを買い求める人でにぎわう

 仙台市と宮城県気仙沼市を結ぶ国道346号のほぼ中間点に位置する。同県登米市米山町出身の第3代横綱丸山権太左衛門の銅像が出迎える。
 最もにぎわうのは4月下旬〜5月上旬、隣接する畑約1ヘクタールで開かれる「米山チューリップまつり」の期間中だ。60種10万株のチューリップが咲きそろい、15日間で約7万人が訪れる。
 直売コーナーの人気商品は近くのハウスで栽培されるイチゴ「もういっこ」で、12〜5月に店頭に並ぶ。2月には「いちごまつり」があり、2日間で約2400パックを売り上げる。
 お休み所で販売するソフトクリーム(250円)も好評。イチゴ、トウモロコシなど季節限定の味が楽しめる。レストランでは、地酒「沢乃泉」の酒かすを餌に与えたブランド豚を使った「横綱純米豚みそ焼定食」(1000円)などが味わえる。連絡先は0220(55)2747。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月14日火曜日


先頭に戻る