宮城のニュース

<宮城学院女子大>英語歌唱の参加者募集 来月・開学70周年音楽祭

 宮城学院女子大は6月8日、開学70周年を記念する音楽祭を学内で開く。テノール歌手の辻裕久さんによる無料の英語歌唱講習会が当日あり、参加者を募集している。
 英語歌唱の第一人者として知られる辻さんと、妻で同大特命教授の作曲家なかにしあかねさんが講師を務める。受講者は、なかにしさんが編曲した「Home,Sweet Home(埴生(はにゅう)の宿)」を練習し、音楽祭で発表する。
 同大は「著名な2人の指導を直接受けられる貴重な機会。音楽経験は問わないので気軽に申し込んでほしい」と呼び掛ける。
 音楽祭にはこのほか同大音楽科の教員や学生、交流のあるアマチュア演奏家が出演。多彩な演奏や歌で開学70周年を祝う。
 音楽祭は正午開演。入場無料。講習会は午後3時からで事前申し込みが必要。24日締め切り。連絡先は宮城学院女子大音楽リエゾンセンター022(277)6252。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月14日火曜日


先頭に戻る