山形のニュース

<山形・長井マラソン>双子ランナー宗兄弟招待、イカンガーさんと対談 大会前日10月19日にトークショー

 山形県長井市で10月20日に開かれる第33回長井マラソン大会に、双子の宗茂、宗猛さん兄弟(66)とタンザニアのジュマ・イカンガーさん(61)が招待される。1980年代に世界のマラソン界をリードした往年の名ランナー3人が顔をそろえ、大会前日の19日にはトークショーを行う予定だ。
 大会は山形県内唯一のフルマラソン国際陸連公認コースで行われ、フルマラソンとハーフマラソン、10キロの3種目。3人はレースには参加しない見通し。
 同市は2020年東京五輪・パラリンピックで、タンザニアのホストタウンになっており、イカンガーさんが指導するタンザニアの若手選手も大会に出場する。
 昨年の大会には瀬古利彦さん(62)がイカンガーさんとともに招かれ、大会前日のトークショーで、かつての名勝負を振り返った。今年も瀬古さんに招待を打診したが、日程の調整がつかなかったという。
 実行委員会は参加者を募集中で、締め切りは9月2日。連絡先は実行委(市教委生涯スポーツ課)0238(88)5661。


2019年05月14日火曜日


先頭に戻る