宮城のニュース

<仙台駅西口>活性化へ市関与を まちづくり協・商議所意見書提出へ

 仙台市青葉区の青葉通に立地する企業や町内会でつくる「青葉通まちづくり協議会」と仙台商工会議所は、同区の仙台駅西口エリアのまちづくりについて、市に積極的な関与を求める意見書をまとめた。近く提出する方針。
 駅西口エリアはさくら野百貨店仙台店が2017年2月に閉店したほか、青葉通を挟んで向かい側の商業ビル「GSビル」が解体工事中で、空洞化が著しい。東北の玄関口でもある同エリアのにぎわいを創り出すため、両団体は市に開発事業者への指導など積極的な関与を促すことにした。
 意見書は、ケヤキ並木と調和する景観の形成や、買い物客らが歩いて回遊しやすい空間づくりを求める。また、規制緩和や特区制度活用の働き掛け、事業者との情報交換の場の設定も盛り込む。
 商議所は「青葉通沿いには築50年を迎えるビルも林立しており、市には長期的なまちづくりを視野に入れた方策を立ててほしい」と話している。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月15日水曜日


先頭に戻る