宮城のニュース

<登米ウイーク>行ってみよう道の駅・直売所/食器や玩具木の温かみ 津山もくもくランド(津山町)

食器や家具などが並ぶクラフトショップ

 メインのクラフトショップは、爽やかな木の香りが一面に漂う。約15人の職人が地元のスギ、アカマツなどから作る温かみのある食器や玩具、家具などが店内に並ぶ。
 2000〜4000円の木皿が人気。自宅用のほか贈答品の需要が高い。最近は、「インスタ映えする」として弁当箱が売れているという。
 面積は約3.8ヘクタール。芝生の広場には遊具が並び、週末は子ども連れの家族でにぎわう。「自然に溶け込んだ場所にある県内で数少ない道の駅」と駅長の西條孝一さん(70)は胸を張る。
 直売所の売れ筋は地元特産のワサビ。1本500円前後と格安で販売しており、仙台市や石巻市の飲食店が買い付けに来るという。
 営業は午前9時〜午後5時。12月30日から1月1日は休み。連絡先は0225(69)2341。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月15日水曜日


先頭に戻る