宮城のニュース

<楽天>釜田、攻め急いだ投球反省「勝ちをつかむには工夫がいる」

5回日本ハム2死三塁、中島に中前適時打を浴びる東北楽天先発の釜田(伊深剛撮影)

 東北楽天の先発釜田は6回2失点と試合をつくったものの、今季2勝目はならなかった。「相手がエース級の時に、先に点をやってはいけなかった」と悔しがった。
 四回までは「思い描いた通りの投球だった」。ストライク先行で2安打無失点。2併殺を奪うなど、内外角、低めの制球がさえた。
 ただ0−0の五回、先頭王柏融に四球を与えると、前回の登板から修正してきたはずの悪癖が顔を出す。上体が打者に対して前掛かりになって、フォームを乱した。
 四球と安打、犠打で1死二、三塁となった後、清水への初球の直球を難なく中犠飛とされた。続く中島にも初球のスライダーを中前にはじかれ加点され、「もう少し慎重に攻めるべきだった」と省みる。指揮官は「ボール自体は良かったが、勝ちをつかむには工夫がいる」と、勝負を急いだ2球を嘆く。
 右肘と右肩の手術から復帰後、初めて六回まで投げ切ったのは収穫だ。「もう1回、2回と増やしたい」と悲壮感は漂わせなかった。
 打線が一回1死満塁で先制していれば、釜田はもっと楽な投球ができたかもしれない。先発有原の制球が定まらなかった立ち上がりを突けなかった。平石監督は「二回から良くなっていった。あの一回、1点でも取れていたら。対策を練りたい」と必死に気持ちを切り替えた。(狭間優作)


2019年05月15日水曜日


先頭に戻る