宮城のニュース

<楽天>選手もハマる新名物 イーグルスからあげ/スタジアムグルメ

大ぶりの4個入り「イーグルスからあげ」

 イーグルスビール、レモネード、サイダーに続く球団オリジナルグルメの第4弾が、今季からお目見えした「イーグルスからあげ」(500円)だ。仙台みそで味付けされ、ビールはもちろん、白いご飯も恋しくなる。売れ行きは好調で、球場の新名物になりつつある。
 食べ応えは申し分ない。1パック4個入りだが、一つ一つが大きいため、すぐにおなかいっぱいになる。使用している肉は、宮城県産の「森林どり」。ジューシーで、ほどよい食感が残る。2軍の本拠地「ウェルファムフーズ森林どりスタジアム泉」(仙台市泉区)の命名権を契約した企業が生産している。
 味付けがしっかりしているため、冷めてもおいしい。試合に熱中し、思わず食べるのを忘れていても大丈夫そうだ。
 鶏の唐揚げと仙台みその強力タッグは幅広い年代に好まれている。多い日には1200個ほどが売れる。
 春季キャンプで試食した東北楽天の選手にも好評だった。特に投手陣に人気で、松井や高梨は箸が止まらなかったという。「選手もハマる!」が売り文句の一つになっている。
 三塁側バイバースタンド下コンコースと一塁側外周の2店舗で販売している。担当する球団の門田卓哉マネージャーは「イーグルスからあげを食べながらイーグルスビールを飲み、観戦を楽しんでほしい」とPRする。


2019年05月15日水曜日


先頭に戻る