宮城のニュース

<登米ウイーク>行ってみよう道の駅・直売所/種類豊富な生花が人気 農産物直売所「愛菜館」(中田町)

色とりどりの生花が並ぶ店内

 登米市中田町を中心に、約130人の生産者が出荷する。
 1番人気は生花。キク、ユリ、アスターなど種類が豊富で季節ごとに品ぞろえが変わる。生花店などとの違いは花束のボリューム。同じ価格でも、愛菜館の束は一回り大きいと評判だ。
 生産者が摘みたてを出荷するので、花の持ちが良いという。盆、彼岸には開店前に駐車場が満車になる。理事長の門馬一郎さん(67)は「花が長く持つので盆や彼岸の1日前に買うのがお勧め」と話す。
 キュウリやトマトなど野菜のほとんどは、朝に収穫して店頭に並べる。加工品は、6種の餅が楽しめる「ミニ御膳」(500円)が売れ筋という。
 6月と10月にオープン15周年のイベントを計画する。営業は午前9時〜午後6時半。1月1〜4日は休み。連絡先は0220(35)3050。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月16日木曜日


先頭に戻る