宮城のニュース

<楽天>今季初登板の今野、力まず3回無失点 「来日初」ブセニッツも好投

東北楽天―日本ハム 東北楽天2番手の今野=楽天生命パーク宮城
東北楽天―日本ハム 8回から登板した東北楽天3番手のブセニッツ=楽天生命パーク宮城

 今野、ブセニッツの東北楽天救援陣が日本ハム打線の追撃を許さなかった。8失点した先発古川を継いで五〜七回を投げた今野は「目の前の打者に集中できた。いい状態を維持し、チームに貢献したい」と語った。
 今野は今季初登板。力まないことを意識し、低めに投げ込んだ。緩急を付けようと、2軍で磨いてきたカーブを交え、3回を無得点に抑えた。八回に登板したブセニッツは来日初登板。150キロ超の直球、大きく曲がるカーブ、新たに習得したカットボールを武器に1回無失点とし、2三振も奪った。
 平石監督は「今野はテンポよく投げ、味方の打撃のリズムにつながる投球だった。ブセニッツはカットボールの精度が高い。投球の幅が広がるでしょう」と両投手を評価した。


2019年05月16日木曜日


先頭に戻る