青森のニュース

<青森知事選>現新2人が届け出 三村氏と佐原氏

 任期満了に伴う青森県知事選は16日告示され、いずれも無所属で、県内の市民団体が推し、立憲民主、国民民主、共産、社民の4党が支援などする新人の歯科医佐原若子氏(65)と、自民党県連と公明党が推薦し、5選を目指す現職の三村申吾氏(63)の2人が立候補を届け出た。両候補はそれぞれ青森市内で第一声を上げた。投票は6月2日で、即日開票される。
 脱原発を掲げ、社会的弱者への支援の充実を主張する佐原氏は「国のいいなりになってきたのが三村県政だ。県民の声を聞く県政に変えなければならない」と、野党県議や支援者らを前に声を大にした。
 県政与党の組織的なバックアップを受ける三村氏は、実績を強調しながら「絶対に青森をつぶさないという思いでやってきた。『ここで生きて良かった』と思える青森に変えていく」と訴えた。
 重要課題の人口減少対策や医師不足の解消など医療・福祉の充実、核燃施設や原発への対応などが主な争点になる。4期16年の現県政の評価や多選の是非も問われそうだ。
 15日現在の有権者は111万394人。


関連ページ: 青森 政治・行政

2019年05月16日木曜日


先頭に戻る