宮城のニュース

英旅行業界誌が石巻に特別賞 旅行者受け入れ復興へ向かう姿評価

受賞記念の盾を手にする亀山市長

 英国の旅行業界向け情報誌が主催する「クルーズインサイトアワード2019」で、石巻市が特別賞を受賞した。東日本大震災からの復興に向かう地域の姿が「感動的」と評され、アジアで唯一の受賞となった。
 情報誌「クルーズインサイト」が今春の最新号に掲載。津波で甚大な被害を受けた市民らが旅行者を受け入れ復興を推し進める様子や、震災の教訓を語り伝える活動を高く評価した。
 4月に米国のマイアミで表彰式があり、記念の盾が贈られたという。
 同市は大型客船の誘致で訪日外国人旅行者(インバウンド)の増加を目指す。本年度は4月12日の「ダイヤモンド・プリンセス」(英国籍)を皮切りに、国内外の大型客船が計5回、入港する予定。
 亀山紘市長は13日の定例記者会見で「受賞を契機にさらにクルーズ船の誘致に力を注ぎ、年間10隻(の入港)を目指して頑張りたい」と話した。
 同アワードではアイスランドやロシアのサンクトペテルブルク、地中海のマルタなど、石巻市を含む7カ所が表彰された。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月17日金曜日


先頭に戻る