宮城のニュース

子どもの楽園に歓声 チャチャワールドいしこし、再開園

リニューアルオープンしにぎわう園内=登米市石越町

 改装し4月に再開園した登米市石越町の遊園地「チャチャワールドいしこし」がにぎわいを見せている。大型連休期間中は一日平均約3000人の来場者があり、園内の遊具には長蛇の列ができ、子どもたちの歓声が響いた。
 人気の高い遊具は全長250メートル、高低差40メートルのコースを4輪コースターで滑り降りるマッハコースター。連休中に最長2時間待ちの列ができた。直径2.5メートルのゴム製の浮輪の中に入り水上で遊ぶウオーターホイールや、立位で体重移動させながら進む電動二輪車インモーションも好評だ。
 「ゆるーり ゆったり遊園地」がコンセプト。幼児から小学生向けの約20種類の遊具がある。6月には併設の市パークゴルフ場(54ホール)もオープンする。
 同園の菅原弘樹企画営業課長(43)は「子どもやお孫さんを連れて家族でおいでください」とPRする。火曜定休。連絡先は0228(34)2221。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月17日金曜日


先頭に戻る