宮城のニュース

田束山「赤」まとう ヤマツツジ見頃

ヤマツツジが咲き誇る田束山

 南三陸町と気仙沼市にまたがる田束山(512メートル)で群生するヤマツツジが見頃を迎えている。
 山頂には約5万株が自生する。晴天に恵まれた17日は多くの見物客が訪れ、山肌を赤く染めるツツジと眼下に広がる新緑の樹木や太平洋が織りなす光景を楽しんでいた。
 昨年に続いて訪れた大崎市の配送業佐々木保彦さん(67)は「ツツジと海のコラボレーションが素晴らしい。志津川湾に広がった雲海もきれいだった」と笑顔で話した。
 町観光協会によると、来週中ごろまで観賞を楽しめるという。山頂では18、19日に町観光協会が臨時案内所を設けるほか、19日はホヤやホタテの焼き物の販売もある。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月18日土曜日


先頭に戻る