福島のニュース

<新酒鑑評会>金賞22銘柄で福島県V7 蔵元競い風評払拭

金賞受賞「7年連続日本一」の記念パネルの除幕式=17日午後3時35分ごろ、福島県庁

 酒類総合研究所(広島県東広島市)は17日、2018酒造年度(18年7月〜19年6月)に製造された清酒の出来栄えを審査する全国新酒鑑評会で、特に優れていると評価した金賞酒237点をホームページで公表した。都道府県別では福島県が22点で最多で、7年連続日本一を達成した。

 福島県は前回、広島が持っていた5年を抜いて連続記録を更新。通算では9度目の日本一となった。
 県庁であった記念パネルの除幕式で、東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興に取り組む内堀雅雄知事は「令和になってさらに1年、7年連続は本当に素晴らしい。蔵元の日々の努力があってこそ風評の払拭(ふっしょく)が進んでいる」とあいさつした。
 県酒造組合の有賀義裕会長は「各蔵元の『ほかの蔵元には負けない』という強い意志で7年連続が達成できた。8連覇、9連覇、10連覇を目指して頑張る」と気勢を上げた。
 東北6県からは合わせて77点が金賞酒に選ばれ、前回より7点増えた。秋田が18点で福島に次いで全国2位。宮城、山形が各13点で全国6番目に多かった。
 銘柄別では宮城の「黄金澤」(川敬商店、美里町)と、秋田の「高清水」(秋田酒類製造、秋田市)が連続記録を16年に伸ばした。福島の「國権」(国権酒造、南会津町)は12年連続。
 全国で福島、秋田に次いで金賞酒が多かったのは兵庫の16点。新潟の15点、長野の14点と続いた。
 今回は各地から857点が出品され、杜氏(とうじ)や国税庁の鑑定官らが香りや味を審査し、416点が入賞した。このうち特に優秀と評価された酒を金賞に選んだ。
 鑑評会は清酒の品質や製造技術の向上を目的に1911年に始まり、今年で107回目。


関連ページ: 福島 経済

2019年05月18日土曜日


先頭に戻る