宮城のニュース

<青葉まつり>すずめ 国分町も酔わす

新たにコースに加わった国分町通でも踊りが披露された=18日午後6時10分ごろ、仙台市青葉区

 第35回仙台・青葉まつり(まつり協賛会主催)が18日、仙台市中心部を会場に2日間の日程で開幕した。初日の宵まつりでは、すずめ踊りが商店街やJR仙台駅前などで披露され、笛や太鼓の音、すずめたちの掛け声が杜の都に響いた。
 新緑が輝く定禅寺通を舞台にした「すずめ宵流し」には踊りグループ「祭連(まづら)」105組、約3700人が参加。色とりどりの法被を着た踊り手たちが、扇子を揺らしながら軽やかに跳びはねた。
 日暮れ時には、東日本大震災からの復興を祈るちょうちんをともし、3基の仙台宵山鉾(やまぼこ)が登場した。終盤の総踊りは「それ、それ」の掛け声が一段と高まり、祭りは最高潮に達した。
 今年は東北一の繁華街、国分町通で初めて流し踊りが行われた。フィナーレを迎えた後も、稲荷小路で夜の流し踊り「宵酔(よいよい)すずめ」があった。
 協賛会によると、すずめ踊りには2日間で過去最多の152祭連、総勢約4600人が参加する見込み。
 19日の本まつりは、山鉾などの時代絵巻巡行やすずめ踊りの大流しが東二番丁通や定禅寺通を練り歩く。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月19日日曜日


先頭に戻る