宮城のニュース

<なでしこL・マイナビ仙台>万屋「体張り守る」 左サイド制し好機演出へ

新潟戦に向けた練習で、ドリブルする万屋

 開幕から全試合先発の万屋が、左サイドの最後方から苦戦が続くチームの背中を押す。「後ろが体を張って守り、落ち着いてリズムを作れば得点につながる」と連敗ストップに挑む。
 16日の紅白戦では左クロスを供給してゴールをアシストし、球際で当たりの強さも発揮した。前節の日テレ戦は「ボールを奪っても攻撃につなげられなかった」と悔しさが残った。次こそは「奪ったボールを大事にしてラストパスの質を上げたい」と覚悟を示す。
 開幕から8戦で総得点5とゴールが遠い。辛島監督は「プレッシャーに負けず、前にボールを運んでいけるか」と課題を挙げる。得点機をさらに広げるためには左サイドの攻防を制することも重要となる。
 体力には自信がある。運動量が多いサイドバック。スタミナ源となる食事に気を配り、体調管理を欠かさない。「総菜は買わない」。得意の卵焼きやみそ汁など、和食中心の手料理でしっかり栄養を取る。
 「アシストはたくさん。ゴールは少しでも多く」と目標を掲げる今季も新潟戦で折り返し。「前半戦を勝って終わらせたい」と攻守で貢献を誓う。(今愛理香)


2019年05月19日日曜日


先頭に戻る