宮城のニュース

<仙台六大学野球>仙台大と工大が先勝

学院大−仙台大 1回1死二、三塁から勝ち越しの適時三塁打を放った仙台大の今津

 第6節第1日は18日、仙台市の東北福祉大球場で東北学院大−仙台大、東北工大−東北大の各1回戦があり、仙台大と工大が先勝した。
 仙台大は一回に4安打で5点を奪い、学院大に8−1で七回コールド勝ちした。工大は先発大宮が6回無失点の好投を見せて東北大を4−1で破った。
 第6節第2日の19日は同球場で東北大−工大、仙台大−学院大の各2回戦が行われる。

◎序盤に畳み掛ける

 仙台大−学院大1回戦(仙台大1勝)

学院大1000000=1
仙台大5011001x=8
(七回コールドゲーム)
(勝)海老原6試合2勝
(敗)後藤5試合3勝2敗

 【評】仙台大が序盤に畳み掛けて快勝。0−1の一回1死三塁から佐藤優の左前適時打で追い付くと、今津の2点三塁打などでこの回計5点を奪った。学院大は先制したが、その後は散発3安打に終わって本塁が遠かった。

<今津「中軸の責任果たせた」>
 仙台大は立ち上がり打線が爆発した。佐藤優の適時打で追い付くと、なおも二、三塁として今津が右中間を破る2点三塁打。「強いゴロを打つイメージだったが、いい所に飛んでくれた。中軸の責任を果たせた」と胸を張った。
 今季はこれまで2番で起用されていたが、この試合は打線の組み替えで5番起用が当たった形だ。「どの打順でも状況に適した打撃で勝利に貢献したい」と話した。


2019年05月19日日曜日


先頭に戻る