宮城のニュース

<春季高校野球>岩ヶ崎 1点守り切る

岩ケ崎−仙台城南 7回裏岩ケ崎2死三塁、鎌田が先制の右翼線二塁打を放つ
岩ケ崎−仙台城南 好投した仙台城南先発の安田=楽天生命パーク宮城
岩ケ崎−仙台城南 好投した岩ケ崎先発の菅原朋=楽天生命パーク宮城

 ▽1回戦(楽天生命パーク)

仙台城南000000000=0
岩ケ崎 00000010×=1

<鎌田「好機で打つ自信あった」>
 岩ケ崎は2番鎌田の一振りで均衡を破った。七回2死三塁でフルカウントからの7球目、外角の真っすぐを右翼線へ運んで先制。これが決勝点となり「好機で打つ自信はあった。いいところに落ちてくれた」と笑顔で語った。
 4月にあった仙台城南との練習試合では3−17と大敗を喫している。「あの試合は忘れるようにした」と気持ちを切り替えて雪辱を果たした。
 ベンチ入りメンバーは出場28校中、最少の13人。「次戦も守備で粘って流れを持って来たい」と全員野球で8強進出を目指す。


2019年05月19日日曜日


先頭に戻る