岩手のニュース

ミスさんさ 5人を選出

ミスさんさ踊りに選ばれた5人

 盛岡さんさ踊りをアピールする「2019ミスさんさ踊り」を決めるコンテストの最終審査が18日、盛岡市の複合観光施設「プラザおでって」であり、市内に住む5人が選出された。
 応募した29人のうち、1次審査を通過した11人が浴衣姿で登場。来場者約200人が見守る中で「県外出身だからこそ伝えられる魅力がある」「高校時代は登山部で体力には自信がある」などと自己PRした。
 会社員伊東香澄さん(24)は昨年落選し、2度目の挑戦で選ばれた。「ミスさんさの振る舞いを1年間研究していた」と明かし、「さんさ踊りを全国、海外に広げ、元気と笑顔を届けたい」と話した。
 盛岡さんさ踊りは盛岡市中央通をメイン会場に8月1〜4日に開かれ、今年で42回目。5人は6月からさんさ踊りを練習し、7月23日に市内の三ツ石神社である奉納演舞で初披露する。


関連ページ: 岩手 社会

2019年05月19日日曜日


先頭に戻る