宮城のニュース

<青葉まつり>新時代祝い山鉾巡行 豪華「時代絵巻」披露し閉幕、人出は最多の97万人

新緑の目抜き通りを練り歩く山鉾と軽快に舞うすずめ踊り=19日午後1時35分ごろ、仙台市青葉区の東二番丁通

 第35回仙台・青葉まつり(まつり協賛会主催)の本まつりが19日、仙台市中心部であり、伊達文化を象徴する豪華な山鉾(やまぼこ)や武者行列が連なる「時代絵巻巡行」を繰り広げ、閉幕した。
 「令和」時代の幕開けを祝う火縄銃鉄砲隊の一斉礼砲で巡行はスタート。甲冑(かっちゅう)姿の武将隊を先頭に、仙台藩祖伊達政宗を祭る青葉神社のみこし、商売繁盛などを願う11基の山鉾が、新緑が彩る青葉区の東二番丁通、定禅寺通を練り歩いた。
 山鉾の前後ではすずめ踊りの大流しがあり、色鮮やかな扇子を持った約2000人の踊り手たちが元気に跳ね、観客を魅了した。
 すずめ踊りに初挑戦した若林区の七郷小2年小田島琉君(7)は「扇子で8の字を描くようにうまく踊れた」と満足そうだった。
 仙台管区気象台によると、19日の仙台は最高気温が22.4度で、6月中旬並みの陽気となった。勾当台公園などでは時代劇の世界が体験できる「伊達縁」、東北の名産品が味わえる「杜の市」などがにぎわった。
 協賛会によると、18日の宵まつりと合わせた2日間の人出は、過去最多の約97万1500人に達した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月20日月曜日


先頭に戻る