宮城のニュース

<八木山動物公園>国内最高齢のニシゴリラ死ぬ

死んだニシゴリラの雄「ドン」=3月5日(仙台市八木山動物公園提供)

 仙台市八木山動物公園(太白区)は20日、国内最高齢となる推定50歳のニシゴリラの雄「ドン」が、19日午後11時50分ごろ死んだと発表した。1971年3月に来園し約48年間、多くの市民らに親しまれた。
 死因は調査中。高齢のため、昨年3月から食欲の低下が見られるようになり、今年4月以降はほとんど食べ物を口にせず、一日中寝室で過ごしていたという。
 動物公園は21日午前9時、ゴリラ屋内観覧通路に献花台とメッセージノートを設置する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月20日月曜日


先頭に戻る