宮城のニュース

<春季高校野球>東北学院、石巻西など初戦突破

 第66回春季東北地区高校野球県大会は19日、石巻市民球場と楽天生命パーク宮城で1回戦5試合があり東北学院、石巻西、石巻、古川、柴田が2回戦に進んだ。
 東北学院は九回に3点を奪って東陵を4−1で破った。石巻西は村田との競り合いを7−5で制した。石巻は一、二回に2点ずつ奪って6−1で白石工を退けた。古川は序盤から着実に得点を重ね、古川工に5−2で勝った。柴田はわずか1安打で仙台三を3−0で下した。
 20日は休養日のため試合はなく、21日は石巻市民球場と楽天生命パークで2回戦4試合がある。

◎19日の結果

 ▽1回戦
東北学院 4―1 東陵
石巻西 7―5 村田
石巻 6―1 白石工
古川 5―2 古川工
柴田 3―0 仙台三

◎21日の試合(左が1塁側)

 ▽2回戦(石巻市民)
古川学園 ― 東北学院榴ケ岡 10時
仙台南 ― 聖和学園 12時30分

 ▽同(楽天生命パーク宮城)
佐沼 ― 松島 10時
利府 ― 仙台育英 12時30分


2019年05月20日月曜日


先頭に戻る