福島のニュース

妖精軽やか福島で舞う、新体操日本代表選抜チームが公開演技

華麗な演技を披露したフェアリージャパンPOLAの選手ら

 福島市で強化合宿を行っている新体操日本代表の選抜チーム「フェアリージャパンPOLA」は19日、同市仁井田の市国体記念体育館で公開演技を行った。
 17日から仙台大新体操部などと実施している強化合宿の一環で公開した。13人の選手は音楽に合わせ、ボールやフープで息の合った演技を披露。訪れた市民ら約1300人は一流の技に歓声を上げながら見入っていた。
 演技終了後には4選手があいさつした。山形県出身の国井麻緒選手(23)は「東北で演技ができてうれしい。福島の人々に元気になってもらえるように頑張る」と強調。杉本早裕吏主将(23)は「海外遠征が多く、国内での演技は新鮮だった。9月の世界選手権に向けて頑張りたい」と話した。
 公開演技には仙台大新体操部や地元の新体操クラブのメンバーらも参加した。


2019年05月20日月曜日


先頭に戻る