宮城のニュース

独自の省エネ住宅高評価 石巻の建設会社が大賞「高断熱・気密今後も研究」

大賞を受賞した住宅の室内

 国内の一戸建て住宅の省エネルギー性能を評価する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー2018」(日本地域開発センター主催)で、鈴木環境建設(宮城県石巻市)の住宅シリーズ「both eco+(ボスエコプラス)」が大賞を受賞した。現行制度での大賞受賞は東北初。

 受賞した住宅は独自開発したハイブリッド断熱工法に加え、全ての窓に断熱性に優れた高性能トリプルガラスを使用。値が低いほど断熱性能が高い外皮平均熱貫流率(UA値)は0.23で宮城県基準(0.75)を大きく下回った。気密性を示す相当隙間面積(C値)も0.2と小さく、高気密を実現した。
 冷暖房方式は、熱交換率が高い換気システムにダクトエアコンを組み合わせた独自のシステムを導入。わずかなエネルギーで家全体を快適な温度に保つ。外気を取り込む際、粒子状物質を除去するフィルターを設けた。
 2018年度の同表彰には全国の約300社から応募があり、大賞には3社が選ばれた。鈴木環境建設は創業した12年度から毎年参加し、6年連続で特別優秀賞を受賞していた。
 鈴木貞良社長(58)は「高断熱、高気密の住宅をずっと研究してきた。寒さから人間を守るとともにエネルギー消費を抑え、地球環境を守る住宅を今後も造り続けたい」と話す。
 同表彰は07年創設の「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エレクトリック」が前身で、東北では09年度に日野建ホーム(青森市)、10年度に松美造園建設工業(秋田市)が大賞を受賞した。12年度から現行の表彰制度となり、対象をオール電化住宅以外にも広げた。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る