宮城のニュース

<羽生結弦>仙台のタウン誌「S−style」6月号で特集 予約好調、アマゾン1位に

「S−style」6月号の表紙

 仙台市の出版社プレスアートの月刊誌「せんだいタウン情報 S−style」6月号が、フィギュアスケート男子で五輪連覇した同市出身の羽生結弦選手(24)=ANA、東北高出=を特集し、24日の発売を前に全国から好調に予約を集めている。
 羽生選手の特別企画は8ページ。本人が出席した4月20日の新モニュメントのデザイン発表式と記者会見、同29日にあった市地下鉄東西線国際センター駅前でのモニュメント除幕式の模様を詳報した。
 同誌は5月7日に通販大手アマゾンに登録すると、直後から雑誌の売れ筋ランキングでトップに立ち、以降1週間以上にわたって1位を維持した。大手出版社の女性誌やアイドル誌などが常連のランキングに、地方のタウン誌が登場するのは極めてまれだという。
 小山内香奈子編集長は「羽生選手と全国のファンのおかげ。今後、未来のフィギュア選手を紹介する連載を始め、タウン誌としても地元スポーツの盛り上げに貢献したい」と話す。
 昨年6月号で羽生選手の祝賀パレードを大々的に取り上げ、購入申し込みが殺到して増刷した経験から、今号は当初から通常より4000部多い6万4000部発行した。


関連ページ: 宮城 文化・暮らし

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る