宮城のニュース

<仙台駅>新幹線線路にはしご落下

 20日午後1時半ごろ、仙台市青葉区のJR仙台駅北側の東北新幹線の線路に、点検用のはしごが落ちているのを、JR東日本の関連会社の社員が見つけた。JR東日本仙台支社によると、けが人はいなかった。安全確認のため、上りの新幹線3本が3〜9分遅れた。
 はしごは長さ約8.8メートル、幅約0.6メートルで、仙台駅のホームの外壁に固定されていた。同支社は、はしごが強風にあおられ、ホームから駅北側の新幹線の線路まで落下したとみている。
 同支社は今後、緊急点検を実施する。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る