宮城のニュース

熱心に大学選び高校生らが質問 仙台で進学説明会

相談ブースで説明を聞く高校生

 来春の大学入試に向けた「著名大学進学説明会2019」(河北新報社主催)が20日、仙台市青葉区のアエルであり、受験を控えた高校生や保護者ら約700人が来場した。
 東北と北海道、首都圏の国公立大や私大、短大計24校が相談ブースを設置。担当者が入試の日程や科目、学部の特色、カリキュラムを説明し、高校生も熱心に質問していた。
 仙台三桜高2年の佐藤由奈さん(16)=亘理町=は「今後の入試制度を知りたかった。看護師になりたいので、各校の説明を参考にして進学先をじっくり考えたい」と話した。
 進学説明会は7月27日にもアエルで開かれる。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る