宮城のニュース

育てた花で駅前彩る 岩沼高等学園生が植栽

JR岩沼駅前の花壇で植栽活動に励む生徒たち

 県立支援学校岩沼高等学園(生徒121人)の1年生8人が20日、JR岩沼駅前の花壇で植栽活動に取り組んだ。大半の生徒が電車通学で駅を利用しており、日頃の感謝の思いを花に込めた。
 用意した苗は農業の授業で育ててきたマリーゴールド約40株とパンジー約80株。生徒たちは雑草を抜いた後、1株ずつ丁寧に土をかけ、水やりをした。マリーゴールドを4株ずつ植えたプランター20台も並べ、駅東口を彩った。
 参加した本間壮太さん(16)は「地域の人に喜んでもらいたい。花が元気に育ってほしい」と話した。同校の植栽活動は2005年から続いている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る