宮城のニュース

工芸の美に触れて 美里で作家4人展 26日まで

工芸作家4人の作品を集めたグループ展

 宮城県美里町在住や同町に工房を持つ工芸作家4人の作品を集めたグループ展が、同町近代文学館町民ギャラリーで開かれている。26日まで。
 木竹の横山和男さん(76)、染織の千葉洋子さん(65)、陶芸の桑原聡一さん(46)とリエさん(45)夫妻が計150点を出展。4人はいずれも河北工芸展で入賞・入選の実績がある。
 横山さんのついたてなどからは木のぬくもりが感じられ、千葉さんのタペストリーはグラデーションが鮮やか。桑原さん夫婦は陶磁器の他に、遊び心にあふれた人形も出品した。
 入場無料。午前10時〜午後6時(26日は午後4時)。連絡先は同文学館0229(33)3030。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る