秋田のニュース

<地上イージス>防衛省「適地」伝達へ 秋田知事「調査結果踏まえ計画精査」

イージス・アショアの配備計画に関して安全対策の重要性を説く佐竹知事

 秋田市の陸上自衛隊新屋演習場が配備候補地となっている地上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を巡り、現地調査を終えた防衛省が配備に問題はないと秋田県に伝える方針を固めたことについて、佐竹敬久知事は20日の定例記者会見で「調査結果を踏まえた防衛省のプランニングを精査し、意見していく」と述べた。
 防衛省は昨年10月から電波環境や地質に関する現地調査を実施してきた。新屋演習場を適地とする調査結果を今月中にも県と秋田市に報告するとみられる。佐竹知事は「最初から軟弱な地盤を選ぶことはないだろう。調査結果を追及しても意味はない」との見解を示した。
 その上で「配備計画に頭から反対はしないが、条件次第だ」と強調。テロ対策や民家までの一定距離の確保などを判断材料の例に挙げ「防衛省が、県や市の意見を考慮して柔軟に対応するのかも重要。無視されれば『はい』とは言えない」とくぎを刺した。
 配備の可否を判断する時期に関しては「周辺環境への影響や県民の反応、議会の意見などの要素があり、すぐに結論を出すような筋合いのものではない」と具体的な言及を避けた。


関連ページ: 秋田 政治・行政

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る