福島のニュース

東邦銀と福島銀、ATM相互利用無料化 9月から

協定を締結した北村頭取(右)と加藤社長

 ともに福島市に本店を置く東邦銀行と福島銀行は20日、個人の利用者を対象に、平日日中の現金自動預払機(ATM)の手数料を9月2日から相互に無料にすると発表した。
 平日午前8時45分〜午後6時の手数料が現行の108円から無料となる。これ以外の時間帯についても216円を108円に値下げする。いずれも法人カードは対象外。
 4月末時点のATM設置台数は東邦銀507、福島銀146。ATM設置には1台当たり約300万円のコストがかかるため、相互開放に伴い設置場所などを見直すことでコスト削減も期待できるという。
 東邦銀の北村清士頭取は「福島県内最大級のATMネットワークが誕生し、利用者の利便性向上につながる」と強調。福島銀の加藤容啓社長は「提携可能な業務については今後も検討していきたい」と話した。
 これまで両行はそれぞれ福島県外などの銀行とATMの相互開放を進めており、東邦銀は14行目、福島銀は4行目となる。


関連ページ: 福島 経済

2019年05月21日火曜日


先頭に戻る