宮城のニュース

大雨で冠水、気仙沼の国道45号通行一時規制

 仙台河川国道事務所は21日、気仙沼市本吉町下宿の国道45号が大雨の影響で冠水したため、大型車以外の通行を一時規制した。同日午後3時20分ごろ、冠水地点の深さが約30センチとなり、同地区の約200メートルの区間で普通車などの通行を規制した。排水作業を進め、約3時間後に解除した。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月22日水曜日


先頭に戻る