宮城のニュース

仙台ホルモン第3弾は「丼」野菜たっぷり ローソン、東北6県で発売

野菜をたっぷり使った豚ホルモン炒め丼

 ローソンは、仙台市を中心に展開する焼き肉店「ときわ亭」監修の「豚ホルモン炒め丼」(480円)を東北6県の店舗で発売した。ときわ亭系列が監修したホルモンの商品の第3弾。女性をターゲットに野菜を多く取り入れた。
 ローソンによると、第1弾として4月に発売した「豚ホルモン焼き」(420円)は、購入者の7割が男性だった。新商品はご飯少なめで、野菜炒めの上に豚ホルモンを載せた。ホルモンは仙台味噌(みそ)に漬け込み、甘みのあるしょうゆだれと味噌で味付けした。
 豚ホルモンは終戦後に仙台市内の商店街で提供され、庶民の味として親しまれた。同社の担当者は「酒のつまみのイメージが強いホルモンをランチでも食べてほしい」と話す。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月23日木曜日


先頭に戻る