宮城のニュース

冷酒片手に海の幸堪能 女川で催し 25日も開催

200種類を超える全国の日本酒が用意されたイベント会場

 200種類を超える全国各地の日本酒と地元食材を屋外で楽しむ「SAKETOWN in ONAGAWA」(実行委員会主催)が22日、女川町のJR女川駅前のプロムナードで開かれた。
 東日本大震災からの復興を歩む町を日本酒で盛り上げようと企画され、昨年に続き2回目。会場には北海道から九州までの日本酒が並び、町内外の約150人が来場した。
 日本酒は氷で冷やされ、来場者は好みの銘柄を楽しんだり、地元産のホヤや焼きそばに舌鼓を打ったりした。
 妻と訪れた石巻市の自営業鈴木浩さん(64)は「開放感があって心地いい。帰りの電車まで時間があるので、飲めるだけ楽しみたい」と笑顔を見せた。
 25日は昼(午前11時半〜午後2時)と夜(午後6時半〜8時半)に分かれて開催する。日本酒飲み放題のチケット(当日券)は昼3500円、夜4000円。


関連ページ: 宮城 経済

2019年05月23日木曜日


先頭に戻る