宮城のニュース

<ベガルタ>18歳田中手応え 初先発で1次L無敗導く同点ゴール

柏−仙台 後半34分、同点ゴールを決め、仙台・ジャーメイン(左)と抱き合って喜ぶ田中(小林一成撮影)

 「個々が大いにアピールしてほしい」。両チームとも順位が確定しての消化試合で仙台の渡辺監督の出した要求に、初先発した18歳の田中が「満額回答」で応えた。1次リーグで全6戦無敗に導く同点ゴール。指揮官を「素晴らしいパフォーマンス」と喜ばせた。
 高卒新人離れした鋭い読みが生きた得点だった。0−1の後半34分、左サイドを突破した道渕の動きに逆サイドで反応。クロスが来るのを確信し、猛然とゴール前へ駆け込んだ。
 狙い通りに出た低いクロスをジャーメインが巧みにそらす。「シュートを浮かさず、GKの動きと逆のコースに打つことを意識した」。左足で合わせたシュートは抑えの効いた低い軌道を描き、ゴールネットを揺らした。「うまく合わせられたと思う」とうなずく。
 これまで2試合の終盤に途中出場したのみだった。開幕初戦から先発を続ける同期の照山に刺激を受けていたとあって、ようやくつかんだ好機に「気合が入っていた」。序盤は守備に戸惑う部分もあったが、ボールを持つと巧みなコントロールで攻撃のリズムをつくった。「得点できたのはすごいモチベーションになる」と手応えをつかんだ。
 中2日でリーグ戦のアウェー清水戦が控える。開幕から6連敗中の苦手な敵地での戦いを前に、チームを勇気づける若武者の活躍だった。(原口靖志)


2019年05月23日木曜日


先頭に戻る