宮城のニュース

<楽天>古川今季初勝利「反省する部分多い」

日本ハム戦に先発し、今季初勝利を挙げた東北楽天・古川

 東北楽天の先発古川が5回3失点で今季初勝利を挙げた。ただ毎回の6四球を出すなど制球が安定しない内容に「初勝利は喜ばしいが反省する部分が多い」と渋い表情だった。
 直球に威力があり、チェンジアップもよく抜け三回までは無安打だった。課題は四回の投球。先頭近藤に四球を与え、1死後、王柏融の右前打、渡辺の四球で満塁とされ、平沼の2点打、清水のスクイズで計3点を失った。
 「打たれたくないという気持ちが強く出て慎重になり四球を出してしまった」と古川。平石監督も「勝ちが付いたのは大きいが、反省すべきところは反省しないといけない」と語った。


2019年05月23日木曜日


先頭に戻る