宮城のニュース

手りゅう弾2個届け出 一時避難、爆発恐れなし 仙台・桜ヶ丘

手りゅう弾が見つかったのを受け、住宅街に駆け付けた消防隊員ら=23日午後0時50分ごろ、仙台市青葉区桜ケ丘

 23日午前10時50分ごろ、仙台市青葉区桜ケ丘の仙台北署桜ケ丘駐在所に、泉区の60代の団体職員男性が手りゅう弾2個を届け出た。同署などによると、旧日本陸軍の曳火(えいか)手りゅう弾とみられるが爆発の恐れはなく、陸上自衛隊の専門部隊が回収した。
 同署によると、男性は青葉区桜ケ丘の実家で父親の遺品を整理した際、段ボールの中に入っている手りゅう弾2個を見つけた。包装紙に包んで駐在所に届け出たという。
 手りゅう弾は手のひらに収まる大きさ。2個は同型だった。爆発物処理の専門部隊がある陸自神町駐屯地(東根市)が本物と確認した。中に火薬がなく信管も折れていたため、爆発の危険はないと判断した。
 男性の届け出を受け、宮城県警は同日午後3時15分ごろまで駐在所の半径100メートル内への立ち入りを規制し、住民を避難させた。駐在所周辺は住宅地で、約200メートル北側には桜丘小がある。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月24日金曜日


先頭に戻る