宮城のニュース

漁船転覆5人救助 気仙沼沖

 23日午前10時ごろ、宮城県気仙沼市御崎岬灯台の南南東約28キロ沖で、県近海底曳網(そこびきあみ)漁協(塩釜市)所属で石巻を拠点とする漁船「第25清正丸」(19トン、5人乗り組み)が転覆し、船底に乗組員がいると、近くを航行中のタンカーから第2管区海上保安本部に通報があった。付近の僚船が約30分後に乗組員全員を救助、けが人はいなかった。
 宮城海上保安部が事故原因や油の流出状況を調べている。


関連ページ: 宮城 社会

2019年05月24日金曜日


先頭に戻る