宮城のニュース

<楽天>辛島粘れず悪い流れ 2番手今野も大崩れ

5回1死、杉谷のソロの後、近藤に中越え二塁打を打たれ気落ちする東北楽天先発の辛島(中央)(北海道新聞)

 東北楽天の投手陣が日本ハム打線の餌食となった。
 「思い通りにならなかった」。先発辛島の持ち味である緩急を駆使した巧みな投球術は影を潜めた。
 1−1の三回、2死までは順調にアウトを重ねたが、続く近藤に四球。「狙ったところに球が行かなかった」。不安を残したまま迎えた中田には1ボール2ストライクと追い込みながら、直球が高めに入り豪快に左翼席へ運ばれた。「ボールでいいと思って投げたのに、あのコースに行った」と悔やむ失投だった。
 この後も踏ん張れなかった。五回は杉谷から2球で2ストライクを奪ったもののフルカウントまで粘られ、10球目の甘い直球を左翼席へたたき込まれた。直球を安打されることが多く「球種を冷静に選択できればよかった」と反省した。
 さらに2死二塁から王柏融に中前適時打を許し、この回でマウンドを去った。「何とか粘ることができたらよかったのに」と無念の表情で帰路に就いた。
 悪い流れは救援陣にも及んだ。2番手今野が六回に杉谷に2打席連続弾を浴びるなど2回6失点と大崩れし試合は決した。
 今季2度目の5連勝が懸かった一戦が大敗となり、平石監督は「しょうがない。きょうは相手が上だった」と気持ちを切り替えていた。(伊藤卓哉)


2019年05月24日金曜日


先頭に戻る